バナナが免疫活性にいい事は、代替治療の人たちは儲からないので言わないんです

免疫力を上げるために免疫力を高める食材などを検索すると、出るわ出るわサプリや希少なハチミツ、南米でしかとれない野菜、きのこや海藻から抽出した云々、秘伝の漢方、etc...
もちろん確かに免疫力が上がる要素が否定できないものをあるんでしょうが、そんな事より毎日続けていくなら安価で美味しいものでないと難しいですね。

そこでバナナです。

f:id:jinkosky2009:20161008011951j:plain

1999年に発表された帝京大学薬学部の山崎正利教授の研究では、バナナ、ブドウ、パイナップルなどの身近な果物のジュースをマウスの静脈内に注射し、血中のTNF量がどう変化するかが調べられました。TNFはマクロファージから産生されるサイトカインの一種で、腫瘍細胞を壊死させる作用を持つことから、血中TNF値は免疫システム活性化の指標として使われます。
バナナは他の果物に比べてTNFの生産量を増やす効果が強く、がん治療などで使用される免疫増強剤に匹敵する効果がみられることが解明されました

そして、良く熟したバナナつまり黄色い皮の上に黒い斑点(シュガースポット)が出ているものは買って来たばかりのバナナよりも好中球の数が約8倍になることがわかったそうです。

白血球は増えすぎてもダメなんですが、バナナは単に機械的に白血球を増加させるのではなく、白血球が少ない場合にのみ、大幅に増加させるごとがわかったそうです。

免疫力は白血球の数も重要ですが、質も重要だそうです。
これが人間の場合も質まで向上するかは引き続き研究が必要だそうですが、少なくともかなりポジティブな内容が期待できます。

つまり免疫力の多くを担う血液中の白血球をふやすはたらきがあるのです。
これほどいいのに、自然食品や代替治療の人たちはなぜバナナをすすめないのでしょう?

簡単です。

それは儲からないのです。

どこでも売ってますし、安い。
しかも「良く熟したものがいい」という、だれでも結果を出せる食べ方も公開されています。
独自のノウハウでサプリ化されてたり、南米から空輸してなくてもいいんです。
特別な農園で作った物だけでなくてもいいんです。

これでは、癌患者や病人から小銭をせしめる事はできないのです。
だいたいのものは、人間の高い物ほど良さそうという心理を突いています。
なんでも、あまり安くすると売れないそうです。

これほど希少なもので、中国の奥地の人だけが知っていたのですが我が社が独自のルートで仕入れたみたいなストーリーが必要なそうです。
儲かるからこそ、あれだけ業者が出てくるんでしょうけどね。

しかもバナナはあたためて食べたほうが良い!ということらしいので
ここでオススメレシピを1つ。
レシピってほどのもんでもないけど。

バナナーのバターキャラメリーゼ

<原料>
・バター
・てんさい糖
シュガースポットでたバナナ

※なければグラニュー糖でもいいですが、てんさい糖は甘さもやわらかく何より免疫力をあげるためには腸内環境を良くしないとダメなんですが、てんさい糖はビフィズス菌の栄養源となるオリゴ糖が含まれていてとてもいいのです。価格も少し割高なくらいで十分毎日使えます。

 

 

バナナは皮をむいて、一口大に切ります。
熱したフライパンにバターをたっぷり、チロルチョコくらいいれましょう。
バターが溶けてきたら、てんさい糖を大さじ2杯くらい入れます。
ラニュー糖なら1杯半くらい。
を入れてドロッとするまでかきまわします。

あとは、バナナを入れて焦げないとうに回し、暖まったところで
出しましょう。好きな人は少しシナモンパウダーなどを振ってもおいしいです。
是非お試しを。

ただ、そんなバナナにも危機が!

バナナの不治の病パナマ病がまた流行ってるらしいのです。
http://www.iza.ne.jp/topics/economy/economy-9435-m.html

昔日本に輸入されていた台湾バナナはこれで絶滅したとか、しかもパナマ病に強い種で対抗したのに変異して新しい新パナマ病として流行っているとか。

困った...

数年でなんとかなるようなものではないですが、農業研究のえらい先生なんとかして欲しいです。