抗酸化作用を期待するならへっぽこサプリじゃなくてキウイだよ!

活性酸素は、体内で最近などをやっけて体を守ってくれる重要な役割を担いますが多すぎると遺伝子を傷つけて癌の原因になったり脂質と反応して変化し血管に詰まって動脈硬化を引き起こしたりします。
人間は体が十分機能していれば増えた活性酸素酵素が分解して解毒されます。
しかし、これは様々な原因で衰えたり活性酸素を増やしたりしてしまいます。
それは個人差がありますがストレスや喫煙、紫外線だったりするかもしれません。

この酵素が大事という事で、サプリや自然商品などがたくさん販売されもっともらしい理屈が述べられていますが、酵素直接は経口投与つまり消化器官からはほとんど吸収できないと言われています。
かわりに抗酸化物質を含んだ食物などを摂取し抗酸化作用で活性酸素の発生そのものを抑える事が良いとされている。

そこでキウイである!

バナナが免疫活性にいい事は、代替治療の人たちは儲からないので言わないんです

でも少し触れた帝京大学薬学部の岩澤 晴代先生が発表した論文で、キウイは抗酸化作用にすぐれ特に脂質酸化抑制作用において、強い効果が確認されたとの事です。
これはすでに動物実験ではなく、人間で1日1個のキウイを2週間摂取し、採尿を行い実験した結果として示された値だそうです。
バナナの時と同様ここでも品種の違うで効果が出ました。

 

 

 

食べるならゴールドキウイ(ゼスプリ)!

f:id:jinkosky2009:20180109222150j:plain

グリーンキウイとゴールドキウイの分けてこの時に同時に比べたところ、明らかにゴールドキウイのほうが脂質酸化抑制作用が強く効果が確認されたようです。
バナナの時に述べたように、免疫賦活作用もありますしポリフェノールも多く含んでいるスーパーフルーツなんです。
ポリフェノールがいいの!」と言いながらワインやチョコレートを食べてぶくぶく太っているそこのあなた。明日からキウイを1日1つ食べてみてはどうですか?

あとキウイを買って来て、食べたら固くてすっぱ〜、これはずれかも〜と思ったら皮を剝いて切った状態でラップして冷蔵庫で1日寝かしましょう。やわらかく甘くなります。

キウイはのどが痒くなるけど、なんとかなる?

私もそうですが、もともとアレルギーがあるらしく喉がかゆくなります。少しましになるかな?と思いスムージーにしたりピューレにしたりしてみましたがこれが逆効果だったようです。
この痒くなる原因はシュウ酸カルシウムというもので、細かく切ったり、砕いたりするほど高まると言われています。
なので、ジュースやスムージーにするんじゃなくて大きく切ってそのまま食べる方がましだそうです。目からウロコでした。

 

あとキウイって持たないので、安売りしてる時はむいちゃって冷凍するのがいいっすね。そのままフローズンで大人はラム酒なんかをかけても美味しいです。子供ははちみつを少しかけてデザートに。

この食べ方だと痒いのもましでした、冷たいからかな?