zoom飲み会に出なくなった理由

f:id:jinkosky2009:20201218112636j:plain

この年末年始、いつもの年末、新年なら忘年会や新年会にお呼ばれし、ほどよく鯨飲し何回かは事件をやらかす時期である。
コロナで生活が変わりだしてから飲み会もすっかりなくなり、以前から参加していたコミュニティなどは回数を減らしつつもzoom飲み会などのオンラインの飲み会を開催している。この年末もzoomでの忘年会に何回かお呼ばれしている。
もちろん最初のうちは、日々だれかと話をしないと息がつまってくるので軽い気持ちで参加しました。
人というのは生活の中で雑談が大事なんだなーと改めて再認識した。
仕事でzoomで打ち合わせはしているのだが、もちろん必要な事以外はしゃべらない。
これは実際に合って打ち合わせしてる時は相手も自分も時間を強制されているわけだから、それを不便だと感じる人もいるかもしれないが、実は時間を強制されないのは仕事でもマイナスだと思う。
実際に合ってわざわざ来てもらったから、あんまりあっさり終わるとダメかな?と思うところもある。そこから「最近どうですか?」みたいな話になる。
そこで仕事のヒントをもらう事もよくあるし、なにより実は営業になったりする。
いろいろな話をしているついでに、今は他にもこんな仕事をしていてね、みたいな話になり、
よくそこから「え?だったらこういう事もお願いしていいですか?」という感じで仕事になることも多い、広告出したり営業の電話をかけるよりも雑談はとても効果的な営業だと思う。
もちろん意識しないとダメですけどね。
それ以外のコミュニティは、まったくの雑談である。年齢も性別もバラバラの人とする雑談てなんだか楽しい。何回かzoomでも、飲んで家に帰る手間がないのでいいかも!なんて思った事もあった。
でもなんだが不思議と徐々に参加しなくなった。
その理由を考えて見ると

 

 

 

苦手な奴の話を強制的に聞かないとダメ

最初に断るが、私はそれほど人の好き嫌いはない(個人の感想です)。価値観の違う人でもそういう席ではわりかし楽しく話ができる人だと思う。だが、どうも根本的に好きになれない人がたまにいる。
しゃれにならない嘘をつく人とか、悪意で他人の嘘をゼロから作りそれをしゃべる人など。
なのに、当人に会うと「ひさしぶりー、見たみたすごいじゃーん」などとしゃべれる。
いや、恐っ!って思う。
そういう人は反目になるとまた恐いので、私はそぉーと避けている。

f:id:jinkosky2009:20201218112832j:plain

あの人がキライと公表するわけでもなく、コミュニティではなるべく話しかけない。話しかけられてもそぉーと避ける。その人がいる話の輪に入らない。というふうにしている。
これがリアルなコミュニティだとわりかし簡単にできる。
この写真にように、ゆるーい2次会や、コミュニティオフなんかでは、いくつかの輪ができてそれぞれに話をしてる。その人がいる輪に入らなければいいし、そいつが自分の輪に来ればドリンクや食事を取りに行くふりをして違う輪にスゥーと移籍すればいいんである。

いやっ!zoomとか、大きなひとつの輪じゃん

ところがzoomだと20人いても一つの輪なんである。ゲロゲロ!
みんな同時にしゃべると聞こえないわけで、必然的に2〜3人がしゃべる内容をその他の人が聞く事になる。
なので、必ずその苦手な奴と同じ輪に入る事になる。
そいつのしゃべる事も聞きたくないし、おれにしゃべる事に反応されるのも面倒だ。
わざわざプライベートな時間を割いて、きらいな奴と対峙したくない。
これが、ダメな理由なんだと思う。
一度こういうのを経験して、あーちょっと次も参加するのしんどいなーと思ってしい、そのコミュニティから遠ざかってしまった。また、俺に苦手な奴がまたよくしゃべるんだ・・・
なんか「zoomでひさしぶりですねー」なんて言われて、そこですかざず退出とかさすがにできないじゃんw
一応大人だしw

早くコロナがあけて欲しいと切に願う年末だった。