小中学生の「宿題」成績向上に効果無しのデマ記事に見る英語教育の大事さ

宿題は悪なの?日本は時代遅れなの?

f:id:jinkosky2009:20180711000346j:plain

週刊事実報道が、掲載したこの記事。内容は、米国デューク大学の脳神経学のハリス・クーパー教授が小中学生の宿題は効果がなく、高校生でも2時間以上かかる宿題は成績を下げるため避けるべきだと発表したとある。

f:id:jinkosky2009:20180711000626j:plain


また、それに追随し世界的にも宿題は減少傾向にあり、ロシアやフランスでは法律で禁止され日本は旧態依然として遅れていると言わんばかりだ。
この記事は、詰め込み教育は良くないというステレオタイプな教育批判だ。

え?英語の原文読んだら全然違うくね?

ところが、インターネットで研究報告や論文は全て掲載される昨今。英語の原文がネット上に掲載されると英語がわかる人などから「え!?全然意味違うじゃん?」と、まるで戸田奈津子の翻訳バリに間違えてるとの指摘が相次ぎます。

biz-journal.jp

けっこう戸田さんの誤訳は有名で、町山智浩さんとかボロクソに言っていますね。

 

 

 

 

 

で、元ネタであろう該当のハリス・クーパー教授に関する記事はこちら

today.duke.edu

この論文では、1987年から2003年に研究した分析を論文にまとめたもので多すぎる宿題は効果に疑問をなげていますが、基本的に宿題による成績向上は良い関係であると結論が逆になっています。ましてや、意味がないとは全然言っていない。
彼が研究しているのは、どちらかと言うと自発的なものか義務的なものかによって効果が違うかどうかを研究しているようです。
宿題は時間管理や勉強の習慣を身につけるのはポジティブだとも言っています。
また、どうすれば効果的かという主旨で意味がないとは全然言っていません。

悪意のもった意訳?誤訳。

この記事に関して、元記事やハリス・クーパー教授の記事を理解する英語力がなかったというよりも、詰め込み教育批判などの自分のイデオロギーの主張のために海外の記事の都合のいい部分だけを引用して切り貼りつなぎ合わせ、自分の記事の信憑性を保管しようとした。
という、とても品のない報道姿勢が見受けられます。
百歩ゆずって、自分と合わない主張でも「自分はこう思う」というのはかまわないです。
ですが、人の意見を曲解し海外での既成事実のように事実をねじまげるのは、その主張が合っている間違っている以前に仮にも報道者として品のない仕事です。

 

こういう記事にだまされないためにも、英語力が必要ではないでしょうか?

この手法は、教育に限らず疑似科学や政治にもよく使われます。なるで、海外ではそれが当然ですよと言わんばかりの。

このような日本のマスコミは、変な選良意識があるため一般の人は英語なんて読まないとタカをくくっています。そろそろ、そういう時代を終わりにするために英語教育を見直すべきかもしれません。

この記事が世界はこうだよ、日本は遅れてるんじゃないの?という内容を書いていますが、むしろその報道姿勢のほうがガラパゴスで日本は遅れてる事を意味してしまっています。