疑似科学EM菌信仰と自治体のバトル

以前にも別の記事で書いたが、だまそうと思ってるやつのほうがまだよくて正しいと信じて間違った事を信じている奴のほうが達が悪いと。
このEM菌を水質改善や土壌改善、はては放射能汚染にまで効果があると言い出してる人ほど達の悪い者はない、どれだけ理性的に反論しても実験結果さえもなくただ妄信的に正しいと言うのである。もう完全に宗教である。

 

片瀬久美子さんが茨城県広島県の2つの場合をレポートされています。

warbler.hatenablog.com

warbler.hatenablog.com

 

バトル勃発!

上記はEM菌を土壌化改善に使うのを自治体に進言し、断られたり、逆に汚染原因となると指定されたり、補助金の対象からはずされたりとの例です。
なにしろ、こういう一度信じた人たちは少しでも否定的な話が出ると、すべての陰謀だの農薬や自治体の金儲けのために押しつぶされただのと言い始める。

田舎大学の農学教授に圧力かけるほど国も霞ヶ関も暇ではない。
補助金をもらおうとしたり自治体に食い込もうとしたのは自分達じゃないの?
各自治体が研究機関で出した実験結果のデータをもとに効果がないと言うなら、自分達も公開の実験結果でデータを提示すればいいようなもんだが。

 

比嘉照夫氏とは?

EM技術の開発者である、比嘉照夫氏(名桜大学教授、国際EM技術研究所所長、琉球大学名誉教授)という立派な肩書きの教授であるが、最初はこの人農業技術の博士として土壌化改善などの微生物の力を生かして効果のあるものを考えたというのである。
ここまではなんとなくわかる、後のこれも万能でない結果が実証で示されるが。
そしてこのあとが、金に走ったなと思うのが除染に効くとか癌にも効くとか言い出したのです。こういう善意の上っ面でやる疑似科学は不思議な事に、お金の動くものにばがりたまたま効果があらわれます。
この琉球大学というところも味噌ですね、反自民の反保守の巣窟である教授の主張はナチュラリストイデオロギーが乗っかり、もはやエビデンスの検証をすれば謀略などと言い出します。

 

 

 

上記の水質についても、結果として多くの農業学者もその土地土地で土着する微生物のほうが水質改善が期待できるという水質研究所の考えは、だれが考えてもまっとうな考え方である。
ましてや、除染ができる波動がどうちゃらと言い出すと物理学者でも医学者でもないのに何がわかるの?という感じです。
放射能が減衰するということは原子核に微生物が作用を起こすということです。
もしそうなら物理学史の世界的な大発見です。それが黙殺されてるのは陰謀でつぶされてるわけでも、政府の圧力でもなく無視されているからです。
無視できないほどの実証データがあるわけでもありません。

自治体の検証結果にもヒステリックに反対するだけで、だれも公開実験や論文によるネイチャーへの発表を行うわけでもありません。

論文も出すのはだれでもだせるわけです、学会で話題にならないのはおそらくかかわりたくないんだと思います。

blogos.com


癌に効くに至っては、もう何でもありです。このパターン既視感たっぷりでもう飽きました。
なぜかすごく真面目そうな女性とかで、無農薬野菜とか作る人に信仰者が多いようですが、もう少し客観的な意見を俯瞰で眺めてみてから考えてもいいように思いますよ。

これを読んだ上で、まだ取り入れてる自治体に済んでる人は、みなさんの税金をどのように使われてるかしっかり自治体に問い詰めたほうがいいですよ。
必ずNPOや、推進団体がからんでいるはずです。

 

www.city.mitsuke.niigata.jp

blog.livedoor.jp

blog.livedoor.jp

なぜかロータリークラブと相性がいいようですね。

しかし、EM関係の団体は比嘉という名字がオンパレードですね、たまたま同姓なんですかねw

 

EM研究機構 代表 比嘉 新
株式会社EM生活 代表取締役 比嘉 新
公益財団法人自然農法国際研究開発センター 評議員 比嘉 照夫
認定特定非営利活動法人 地球環境共生ネットワーク 比嘉 照夫
EMボカシネットワーク 会長 奥村由勝 名誉会長 比嘉 節子

 

ホテル作れるほど儲かってんだ!

【公式】EMウェルネスリゾートコスタビスタ沖縄 ホテル&スパ


EM菌の風呂とか・・ガクブル・・・

 

入ったら癌も治るとか言われるのかね?