「PRするからタダで泊めて」を断ったアイルランドのホテルとユーチューバーとバトルが面白い

ことの発端はElle Darby(エル・ダービー)というけっこうなインフルエンサーであるユーチューバー。

www.youtube.com

「わたしのチャンネルで宣伝してあげるから宿泊費を無料にして」とアイルランドのダブリンにあるThe White Moose Caféにリクエストを送ったこと。

The White Moose Cáfe | The Only 5-Michelin-Star restaurant on Planet Earth

それに対してオーナーのPaul Stensonはイヤミたっぷりの「親愛なるソーシャルメディアインフルエンサー様」と題したコメントとともに断りのコメントを公開しました。

無料なんてお断りw

ホテル側の言い分はもっともです、ブロガーをいちいち無料にしてたら人件費はだれが払うの?お金を払って泊まって宣伝してもし効果があったら次に来た時にスイートにアップグレードするよ。というものです。

これにはElle Darbyはもちろん大激怒「こんなにバカにされたことはないわ」との動画を自分のチャンネルに「i was exposed (SO embarrassing)」というタイトルでアップした。


i was exposed (SO embarrassing)

 この動画には彼女のフォロワーから「ビジネスをわかっていない」「そんな言い方はない」などのコメントがすごい数で殺到。もちろんホテルのソーシャルアカウントも炎上。

全ブロガーお断り!

ここからが「関係各所にご迷惑を」などとすぐにあやまってしまう日本とは違うところ。アイルランドのホテル側は、なんで当たり前の事言ってそんな非難されないとダメなんだ!ということで「ブロガーすべてうちのホテルに来なくていい」とFacebookに書いちゃいます。

タダで宿泊させてくれないからという理由での非難や中傷、憎しみは信じられないとも言っています。

 

 

 

最初の投稿では彼女の名前をあかしてなかったのに、上の動画では“さらされた”と言ったり。言い合いは泥沼です。

彼女の悲劇的な演技で、ホテルへの中傷はまだあるようですが、ここからの切り返しが日本ならやらないな〜という感じ。このホテルのオーナーのセンスを感じます。

逆に宣伝してやったろって事で請求書w

今回の騒動が結局バズって彼女の宣伝にもなったし、Youtubeの視聴数もあがったろ?って事で彼女にホテルが請求書をおくったんです。

f:id:jinkosky2009:20180124222809j:plain

その額なんと

€5,289,000 

日本円で7億円あまり、シャレが効いています。最高です。

計算も20ヶ国以上の人から450万のリーチがあっただろう?と数字的根拠もしっかりw

しかも、The White Moose Caféのオフィシャルサイトで上の動画のタイトル「i was exposed」をプリントしたTシャツまで販売!

おめえ、おもろいなPaul!

タイトルが「Bloggergate T-Shirt」って、しかもi was exposed byでThe White Moose Caféなんで、こんどはこっちが暴露するみたいな意味になってる。

f:id:jinkosky2009:20180124223152j:plain

#Bloggergate T-Shirt 1 - WhiteMoose Cafe

f:id:jinkosky2009:20180125223432j:plain

ご本人ノリノリで、facebookでTシャツ作ったぜ〜と公開していますw
痛快な反撃で、次のアイルランド行ったら、是非泊まりたい。

あ!これブログに書いたらブロガーって思われるw

最近いろんなユーチューバーがバカのことやってる動画とかで店で迷惑をかけたり、町中でいきなり知らない人になんかやったり、これくらい反撃されてもどっちもどっちだと思うし。最近TVまで、ある意味影響受けてたり。このホテルのような当たり前の事を普通に言うと炎上で非難されたりして、ストレスのはけぐちにされちゃったりする。

それを笠に着てユーチューバーたちがやってたりするので、たちが悪いよね。

やるなら、陰湿な感じじゃなくこれくらいカラっとやって欲しいね。

 [ 追記 ]

今回の騒動でベストソーシャルメディアスターに選ばれちゃったみたいですw

goss.ie