食い物で体の中が酸性やアルカル性に傾いたら、それ病気ですから!アルカリ性ダイエットとかphで健康とかないよ!

世間のサプリやマクロビオティック、オーガニック信仰などの、へっぽこ健康法でもっともらしく語られる酸性、アルカル性の話。

健康やダイエット、美容のために食べ物やサプリで体の酸性・アルカリ性をコントロールしようと言うことが言われます。
酸性の食べ物は、肉、魚、卵、穀物など
アルカリ性の食べ物は、野菜、果物、改装など
ここまでは合ってます。

これにスムージーやジャーサラダなんかでセットにしておしゃれ感をふりかけて、誘導している記事を多くみかけます。

ところが、ここから
・体が酸性に寄ると癌になりやすいだの
アルカリ性の体がダイエットに向いているだの
マヌカハニーアルカリ性をキープ
・ストレスの活性酸素で酸性の傾く
などエビデンスのない無茶苦茶な話が始まります。

 

 

 

人間の血はpHは約7.35~7.45の弱アルカリ性であり。

恒常性もしくはホメオスタシスと呼ばれる機能で、人間の体は自動的に酸性・アルカリ性を一定に保つように調整します。

酸性食品を多く取り過ぎるとそれを中和するためにアルカリ成分が出されます。
もちろん極端に酸性食品ばかり食べると骨に含まれるアルカリ成分を使い、骨が弱くなると言うことも言われていますが、そこまで片寄った食事をしていたら骨が弱くなるより先に他の問題が起きるでしょう。

なので、何かを食べて体が酸性に寄ったり、アルカリ性の寄ったりしたら
それはとても緊急を要する病気なので。

おそらく、へっぽこ健康法やサプリを売ってるやつらが言うところの嘘や陰謀を持ってる医者や厚労省だけでなくても、薬剤師の1年生でも知ってる話です。

人間はスマホを手に入れ、昔のように図書館に行ったり識者に話す機会を得たりしなくても情報を簡単に24時間いつでも取得できるようになりました。
なのに、このような中学生の生物を知っていれば一笑に値するような話で商売ができてしまうのは何故でしょう?

メディアリテラシーの教育を日本では必修にしていないからでしょう。

プログラムやパソコンよりも先に情報の取得の方法を基礎教育しないと、これからも情報商材にだまされたり、このようなへっぽこ健康法にだまされたりする人は後を絶たないでしょう。

情報の種類、そして意見の違い、悪意を持った情報などの種類が存在することを学ばないといけません。

そして、なにより大事な事が国語力であり、読解力です。

言ってる事に違和感を感じない事が恐ろしさです。

ある意味よどみない強引な理論の持って行き方に違和感を覚えたり。

数字を出したり出さなかったりすることに疑問を持ったり。

個人の感想と事実の記事をまぜた理論誘導に警戒心を持ったり。

本を読むのは、それだけでも無駄ではないと思います。

いろんな事を学ぶのはビデオのほうはわかりやすいなどど言わず。

文章を読む事を強いるのは親の責任だと思います。