役者が芸者で遊んで不倫とは..野暮な世の中になったもんだ

なんだか歌舞伎役者と芸者が不倫だとやかましい。

そもそも、それは不倫か?と言いたくなる。

歌舞伎役者が芸者との色恋沙汰でおとがめをうけるとは、花街をつぶすつもりかな?

クールジャパンやなにやらで、伝統だなんだと都合のいい時だけ取り上げておいて。

そもそも最近不倫や人の色恋沙汰にうるすしぎないかね?

政治家にしても別の愛人の2〜3人いたって豪腕であれば全然かまわんと思うよ。

そういや昔日本のTV局がミッテラン大統領に隠し子が見つかってパリの町中でインタービューをした時、日本のインタビューワーが

ミッテラン大統領に隠し子がいたとの事ですがどう思われますか?」

と明らかに避難口調で質問していた。

相手は妙齢のおばさま、おそらくは日本の銀座あたりでおばさんにインタビューした時の反応を予想しての投げかけだったのだろう。

「まあ、それは国の代表だからキチっとして欲しいわね〜」みたいなね。

ところが、そこは恋愛に寛容な国フランス。

あざやかなスカーフをなびかせながら、おばさまは

「あら、子供が多いって素敵な事ね」だって。

インタビューワーのきょとんとした顔を今でも思い出します。

見た時は吹き出しました。そして、その日本人はとてもカッコ悪かったです。

その後何人かのおじさんやビジネスマンにもインタビューをしていたが、だいたい家庭の問題だから職務に関係なければいいんじゃない?という受け答えだった。

まさにそう思う、不倫を容認しろなどど言うつもりはない。

一夫多妻制にしろと言うつもりもない。

仕事ちゃんとしてれば別にいいじゃん?家族じゃないんだし。

女にうつつをぬかしすぎて芸事がおろそかになってたなら話は別ですよ。

花街も芸事もすべてなく全部まっすぐな世の中なんて窮屈すぎやしませんかね?

女性の権利を言う人が一夫一婦制を念頭に一夫多妻制を批判するけれど、一夫多妻制もアラブのほうで戦争による未亡人を救済する目的や、子孫繁栄を民族ぐるみで考えるというけっこう崇高な考えが元なんだよね。

例えばだんなさんが突然なくなったら、じゃあ俺のとこは余裕があるからうちへ来いみたいな、とっても互助の精神にあふれたものです。

もちろん曲解して違うように使う奴もいるだろうけど、一概にハーレムを想像するのは少し視野がせますぎるように思います。

 

同じように最低賃金をあげる事は一見人権的に見えるけど、昔のように貧乏でバカでも部屋住みで飯食わしてもらって奉公するという選択肢があるのは救済の意味もあって、今の最低賃金だと働いてもらわないといてもらったら困るんですよね。

金なんか払えないいっぱいいるよ。でも最低賃金労働基準法が実はそういう半人前のやつが社会に入っていくのを阻止している。

それって人権的にどうなの?人権派の人たちはエリートなんで、そこのところはわからないんだよね。そこは企業が負担するべきだとかね、ほんとに使えない奴がどれくらい使えないかがわからないんだよね。

そういう奴でも丁稚からつみあげていけば仕事できるよになるかもしれないのに。

農家の人出が足りなくて、仕事ができないひとは失業して生活保護をもらう。

この使えない人たちは今は能力がないので、飯と寝るところだけ用意してとりあえず生活だけ保証して農業を手伝わすのでは労働基準法的にアウト。

なので国費で補てんして外人を研修生で雇う。

なんだか違うような気がする。

まあ話はそれたけど、役者の色気や女優にしても恋をするとグッと表情が変わったりします。まあ、奥さんが嫉妬したり怒ったりするのはしょうがないけど、外野が一般常識を持ち出してどうこう言うのはおかしいでしょう?スポーツ選手や役者は一般人じゃないんだから。私たちはその自分たちの人生をかけてみがいた芸で楽しませてもらえるわけだからね。

こういう事を言ってると昔は「野暮な事いうんじゃねえよ!唐変木」なんてしかる人がいたんだけどね。マスコミもみんな小市民だから、芸能界を面白くなくしたら自分たちの首を絞めるだけだと思うけどね。

コメンテーターの人たちも、ああスッキリしたと思えるくらい粋なコメントをして欲しいもんだね。