国税庁ホームページリニューアルは、たぶんこんな感じにしくったんでは?

なぜ非難 国税庁ホームページリニューアルがリニューアルしたが、その使い勝手に非難がたくさん寄せられている。階層やページのURLが代わり前のページ、つまり所得税の予定納税に関するページは?と探しても見つからず。GoogleやYahoo!などで検索して表示さ…

伊調選手へのパワハラ問題のレスリング協会のニュースに対するある女性の反応の気持ち悪さを考える

伊調選手へのパワハラ問題でレスリング協会のニュースがいろんあところに出た時に、ある女性の反応とそれに共感する女性の意見が気持ち悪かったので考えてみた。 まずあの事件は真相が外野にはわからないので、たぐいまれな才能の持ち主である彼女が懸念なく…

映画「ピーターラビット」の食物アレルギーのシーンに非難集中。これには表現の自由って言わないんだ?

世界で親しまれる英国の児童書「ピーターラビット」の映画が公開され、早速そのワンシーンをめぐってアレルギーの子供の親や団体から多くの抗議を浴びている。 www.youtube.com 問題のアレルギーを扱うシーン そのシーンは主人公のピーターが宿敵マクレガー…

疑似科学EM菌信仰といろんな自治体のバトルが勃発

以前にも別の記事で書いたが、だまそうと思ってるやつのほうがまだよくて、正しいと信じて間違った事を信じている奴のほうが達(タチ)が悪いと。このEM菌を水質改善や土壌改善、はては放射能汚染にまで効果があると言い出してる人ほど達の悪い者はない。ど…

意外とこれからは最近の若い者にまかせて俺たちおじさん達は金だけ出せばいいんじゃないだろうか?

少し年をとるとすぐ出る言葉「まったく最近の若い者は・・・」という人がいる。 ・スマホばかりいじる・独身ばかり・草食系だ・政治に関心がない ・根性がない etc・・・ 最近の若い者はというのは、古代エジプトから言われているという説もよく掲載されてい…

絵本作家の「のぶみ」の批判されてる『あたしおかあさんだから』歌詞の気持ち悪さの理由について

「おかあさんといっしょ」の元歌のお兄さんこと横山だいすけさんが歌う「あたしおかあさんだから」の歌詞に対し、いろいろなお母さんが「はぁっ?(怒)」って感じになってる事についてこの歌詞の気持ち悪さについて眺めてみた。 『あたしおかあさんだから』…

打ち消し表示って何?広告の後出しジャンケンがダメになっていく方向

消費者庁が「打消し表示に関する実態調査報告書」を昨年の7月14に公表した。 打消し表示って何じゃそら? 打ち消し表示とは、体験談や効果や広告のキャッチーな文章を注釈の小さな文言で打ち消す。つまり否定するものです。ようするに後出しジャンケンですね…

風潮とイデオロギーに押し流されて防げる癌を見過ごす反ワクチン運動の罪

海外の一流科学誌「ネイチャー」 HPVワクチンの安全性を検証してきた医師・ジャーナリストの村中璃子さんを表彰 「産経と道新のみ」とツイートした医師・村中璃子氏 子宮頸がんワクチンの安全性を積極発信のワケ(1/4ページ) - 産経ニュース 2017年英科学誌…

コインチェック事件でネム財団が事件を解決しそうだけど、問題はそこじゃない問題

580億円のXEMが流出 国内の仮想通貨取引所大手のコインチェックから約580億円のXEMが流出した事件で、仮想通貨全体が下がり、ロスカットだの仮想通貨の終演だのと騒がしい。これに歯止めをかけるためか、ネム技術の発展を推進するネム財団は流出資金の自動追…

「PRするからタダで泊めて」を断ったアイルランドのホテルとユーチューバーとバトルが面白い

ことの発端はElle Darby(エル・ダービー)というけっこうなインフルエンサーであるユーチューバー。 www.youtube.com 「わたしのチャンネルで宣伝してあげるから宿泊費を無料にして」とアイルランドのダブリンにあるThe White Moose Caféにリクエストを送った…

光免疫療法が国立がんセンターで3月から治験へ

以前に書いたこの記事の米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発した光免疫療法の治験が千葉の国立がんセンターで3月からはじまるようです。 最初の治験では抗がん剤での治療で効果がなかった再発した頭頸部の癌患者を対象に行うそうです。こ…

医療大麻(マリファナ)を解禁しろという人たちの情報の不自然な整形

医療大麻を解禁しろという人たちがいる。 その意見を主張する一部の人に言わせると、先日の高木沙耶の逮捕も薬品メーカーと厚労省が仕組んだ国により謀略だという人たちもいる。 その人たちの多くが普通の大麻を解禁しろと言っている。 自然派と大麻の不思議…

水風呂と温泉を交互に入って体の循環を刺激:今週のお題「体調管理」

今週のお題「体調管理」 子供の時に銭湯や温泉に行くと、オヤジどもやジジイが水風呂に入って「かぁ〜」などと言ってる意味がさっぱりわからなかった。霜焼けにも一度もあったことないし、冬でも水で食器をずっと洗っててもなんとも思わなかった。 もともと…

市販のシャンプーより美容室で教えてもらった業務用のシャンプーがすごくいい感じ

どうもシャンプーしても少しかゆくなったり、すっきり感がなかったけど美容室でシャンプーしてもらうと、やはりすっきりするな〜と思ってた。年齢も重ねると髪が細くボリュームも減ってきて、セットもしにくい。 まあ、これはシャンプーのやり方もあるんだろ…

セクハラって騒ぎすぎじゃね?と男の「女性口説く自由」を守れと100人のカトリーヌ・ドヌーブなどのフランス女性が署名した

フランスを代表する20世紀の美人女優で名前が必ずあがるであろう女優カトリーヌ・ドヌーブは2018/1/9に仏女性ら100人と連名で書簡で述べた。 これはハリウッドの女優が黒いドレスでセクハラの告発に抗議した(#MeTooムーブメント)事に関連しての事だろう。…

抗酸化作用を期待するならへっぽこサプリじゃなくてキウイだよ!

活性酸素は、体内で最近などをやっけて体を守ってくれる重要な役割を担いますが多すぎると遺伝子を傷つけて癌の原因になったり脂質と反応して変化し血管に詰まって動脈硬化を引き起こしたりします。人間は体が十分機能していれば増えた活性酸素は酵素が分解…

年末ガキ使の浜ちゃん“黒塗りメーク”にクレームが出るだれかを攻撃してストレスを解消する人たち

年末恒例のガキ使でダウンタウンの浜ちゃんがアメリカンポリスという事でエディーマーフィーのビバリーヒルズコップの紛争で笑いを誘った。 今年もいろいろ文句なく笑わせてもらったが、この黒塗りに対してレイシズムではないかという意見が出てるそうだ。 …

失敗した年賀状、切手やハガキに交換してくれるって知ってた?<節約>

年末の年賀状作り、ただでさえ忙しい年末にあたふたと作るとどうしても「あっ〜」って失敗やってしまいますよね。 よくやるプリンタに逆にセットしてしまったり。 最初の何枚は宛名がずれちゃったり。 相手の名前書き損じたり けっこうな枚数になったけど、…

今なら無料で勉強できるKindle本

Kindleでちょくちょく見かける無料の書籍。 コミックが多いですが、名作も含めたいろいろな本もあります。リンクを集めてみました。 ただ、時期がすぎると無料でなくなる事もあるのであしからずです。 少し年末年始の時間のあるときにどうでしょう? 試し読…

キメラ抗原受容体T(CAR―T〈カーティー〉)細胞療法、米国で8月承認、日本は2019年度に治験を目指す

大阪大学の保仙直毅准教授(呼吸器・免疫内科学)らのチームが動物実験で免疫細胞であるT細胞を体外に取り出しがんの目印を認識して結合、活性化するように遺伝子操作を行った細胞を体に戻しがん細胞を攻撃して死滅させる事に成功したようです http://leadi…

食物で体の中が酸性やアルカル性に傾いたら、それ病気ですから!アルカリ性ダイエットとかphで健康とかないよ!

世間のサプリやマクロビオティック、オーガニック信仰などの、へっぽこ健康法でもっともらしく語られる体の酸性、アルカル性の話。 健康やダイエット、美容のために食べ物やサプリで体の酸性・アルカリ性をコントロールしようなんて言われます。 酸性の食べ…

今週のお題「私の癒やし」は知らない町の散歩です

今週のお題「私の癒やし」 私が癒されるのは、知らない町を歩く時です。 有名な観光スポットや名所がなくてもいいのです。 ただ降りたことのない駅。 商店街なんかあるといいですね。 小さな神社があってもいい。 駅前の小さな飲み屋街なんかあるのもいい。 …

シルバーの有権者がシルバーの政治家へ投票して国が変わるわけがないんじゃね?

また新しいニュースが飛びこんできた、ニュージーランド新首相で37才のジャシンダ・アーダーンが任命され。 女性で30代に首相が誕生した。 オーストリアのセバスティアン・クルツが31才で任命されたニュースが飛び込んで来たばかりである。なにも私は海外が…

植田正治美術館に行きたい -行ってみたい場所-

今週のお題「行ってみたい場所」 外国などで、なかなか行けないところと違い行こうと思えば行けるのだが、なかなか行けていない場所ってないだろうか? 私にとってそれは植田正治写真美術館です。 鳥取県の端、ほぼ島根寄りにあるこの美術館は写真の世界で「…

非日常の空想の世界で遊んで見ませんか?1度は読んで欲しいSF作品

ぶらぶらブログを見てると、このような記事がありSFがいくつか紹介されていました。 秋の夜長は、現実の世界を忘れる本を読みたくなる。 - 学校司書@非常勤 入門編だと思いますが、SFにも秀作はたくさんあるので、これを読んで私も紹介したくなりましたので…

これだけネガティブな情報があるのに、まだアガリクスとか買うの?

癌治療の事を調べていると、頻繁に目にする名前のひとつにアガリクスというきのこがあります。日本名がヒメマツタケといい、1970年代にブラジルの長寿が多い村で食されていたことから、研究されたといいます。 アメリカのレーガン大統領が癌になった時に服用…

抗がん剤治療は、命を賭けたギャンブルだ!(NAVERまとめ)に見る情報の悪意のある意図的な固め方(2)

抗がん剤治療は、命を賭けたギャンブルだ!(NAVERまとめ)に見る情報の悪意のある意図的な固め方2 抗がん剤で検索すると、けっこう上位に来るこのまとめに突っ込んでみるページの第2弾です。第1弾はこちら、 http://jinkosky.hatenablog.jp/entry/2016/10…

夢の癌治療法、光免疫療法は進むのか?!

アメリカ国立衛生研究所(NIH)の主任研究員である小林久隆先生が現在の癌治療の方法とは根本的にアプローチに違う「光免疫療法」を開発したというニュースが今年はじめに駆け巡りました。 これは「近赤外線」というTVのリモコンや赤外線通信などに用い…

地球温暖化に賛同する前に読んで欲しい本

地球温暖化が世界で話合われ、エコを先進国が謳いオゾン層の破壊を食い止めるためには、二酸化炭素の排出をコントールしないとだめという一般的な認識ができあがっています。 ただ多くの人がかかわり、そこに利益が生まれると途中から話がおかしくなります。…

代替医療にかかる前に読んで欲しい本

この世には、資本主義と共にありとあらゆる代替治療が現れます。 それらの批判や賛同、推薦、罵倒のいろいろな意見がメディアにはあふれている。ブログやソーシャルで個人が意見を配信できるようになった事で、意見の多様化やマイノリティーの意見を表に出せ…