オーストラリアの科学者が、癌細胞を永久的に眠らせる今までとまったくアプローチの違う新薬を開発

f:id:jinkosky2009:20180807171041j:plain

オーストラリアのJonathan Baell(ジョナサン・バエル)教授、Tim Thomas(ティム・トーマス)、Anne Voss(アン・ボス)准教授のチームは、マウスのがん細胞を永続的に休眠状態に置くことが可能になる新しいタイプの薬を発見したと2018/8/1Nature Natureに掲載された。

www.abc.net.au

 

まったく新しいアプローチ

10年の研究を経て実現化されたこの薬は、今までのがん細胞を駆逐する、攻撃するタイプの薬物治療は細胞に不可逆的なDNA損傷を引き起こすリスクも内在し健康な細胞も攻撃してしまう副作用も考えられます。

この新薬は、がんの成長を促進する特定のタンパク質の生産を止めるように設計されています。

"細胞は死んでいないが、もはや分裂し増殖することができない。この能力がなければ、がん細胞は事実上止まってしまう”

という考え方のもとに研究し、癌の進行を停止させるか、またはヒトにおける再発を遅らせるのに有効であると考えました。

次のステップは、この概念が具体的にエビデンスを持ち、これからぞれぞれの癌や人に対して適切に働くたんぱく質と化合物を特定していく事だと述べられています。

また臨床まで行くには少し時間がかかりますが、とにかく副作用なく癌の進行を一次停止できる薬とは非常に希望がもてる話です。

 

 

 

大手製薬メーカーも含めた数々の失敗の果てに

トーマス博士曰く、この開発は数多くの大手製薬会社が過去に試みながら、ことごとく失敗に終わり。その理論そのものが疑問視されはじめていた概念だったそうです。

これは10年を要しおよそ250万種類の化合物をスクリーニング

化合物を開発するのに数年。実証までにまた数年かかったそうで、延べ52人が関与したそうです。まさに執念ですね。

f:id:jinkosky2009:20180807171627j:plain

細胞増殖を阻止するために新しく開発された薬剤(赤色)の参考イラスト

専門家達も評価する、大きな一歩

ニューサウスウェールズ大学の癌生物学者のDarren Saunders(ダレン・サンダース)は、この研究の重要性を説いています。「この研究は、病気の生物学的な基礎を読み解き、化合物を発見し、そのロジックに沿って医薬品を設計、動物モデルでの試験での成功」まで網羅している。

人に対する薬物としての評価はこれからですが、極めて信頼性のおける内容のようです。現在はこの大規模なプロジェクトへのパートナー組織などを探す段階に入ったようですが、是非全世界的に速やかに進めて欲しいですね。

これが実現すれば、とにかくこの薬で一次停止させ外科的手術や光治療、IPS、分子標的薬などの根治の選択肢を選べるかもしれません。

全部有りの子とユーチューバーを目指す子、現代のカースト

夏の甲子園が開幕する

もうすぐ甲子園が開幕する、現代においては野球が出来る子をスカウトして集めた私立強豪校がほとんどになるだろう。 筋肉バカなどと言うように、昔は勉強はできるけどスポーツはダメとか、頭はからっきしだが将来はスポーツで食べていけるだろうという子が多かったように思う。 ところが、これはレガシーな考えなようだ。

 

f:id:jinkosky2009:20180802105221j:plain

今年も甲子園の常連校の大阪桐蔭が出場する。その中の注目選手の1人が根尾 昴(ねおあきら)君だ。 岐阜県出身の彼だが、投手、ショート、センターをすべて高いレベルでこなすセンスの塊だそうだ。すでに少年野球で日本代表に選ばれ世界大会に参加してるかたわら、スキーでも中学スキー大会男子SLで優勝。 そちらでも将来を嘱望されていたようです。 家庭はご両親ともにお医者様で、中学の成績はオール5で生徒会長もやっていたそうです。まさに全部有りの典型。

f:id:jinkosky2009:20180802105315j:plain

他の例でも見てみよう。ラグビー日本代表に名をつらねる福岡堅樹選手は、祖父の代から医師の家庭に育ち、3歳から中学生まで習っていたピアノを弾きこなし。福岡県下有数の進学校である福岡高から筑波大情報学群に入る。 大学進学で医学部は失敗したがラグビー引退後に再度チャレンジしたいと言っている。

f:id:jinkosky2009:20180802105332j:plain

ロシアワールドカップの出場の記憶に新しい武藤嘉紀は写真の通りのイケメンだが、慶應義塾大学出身、家族がスポーツショップを経営していて30店舗以上を展開しているそうです。お父様も慶応出身。 しかも本人のエピソードが、代表で同じ年齢の宇佐美曰くうそみたいに爽やからしいので、完全無欠です。慶応で同級生だった元CAの奥様と結婚、奥様の父は衆議院議員という鼻血が出そうな構成です。

 

特例だけでない子供のカースト

これは、うちの子供をいかせている私立学校にもちらほらいまして、結果的に宝塚音楽学校に受かった同級生も

・美人

・良い子(性格)

・成績良し

・バレエは先生並

・英語日常会話は大丈夫

・もちろん裕福

という感じです。

こういった、全部ありの子供がちらほら世間に見受けられるようになったのと同時に、こんな子達が増えています。

・勉強できない

・ヤンチャでもない

・スポーツやらない

・もてない(イケメンでもない)

・性格卑屈

・裕福でない

つまり、不良だから勉強しないとか、スポーツばかりしてるので勉強できないというのは一昔前に話で、とにかくスマホやユーチューブやラインやバズドラだけで青春をつかっちゃう子が増えているのです。で、twitterなんかで相手をみつけてはdisりまくりストレスを晴らします。そりゃ暇だわなクラブも勉強もしてなきゃ。

 

 

 

で、結局ユーチューバーを目指す

ま、個人の自由なので大きなお世話なんですが、彼らがよく目指すのがユーチューバーです。 動画で何かを流して、大金持ちになりたいみたいです。
ま、はじめるのはパソコンとカメラだけあればできるしね。

小学生も出てきています。しかも目立ちたいので住所さらして、むちゃくちゃされて困ってる子もいるみたいですね。

ダンスなんか教えなくていいからメディアリテラシーを授業に入れるべきですよね。手元に24時間検索できるツールを持っているのに、なんで情報商材に騙される奴が多いのか考えないとダメだと思います。国語力とメディアリテラシーが圧倒的に重要ですよね。

togetter.com

もちろん、勝手に出前や通販を頼んだりするやつも悪いですが、この子達や最近のユーチューバーを見てると、日本の教育を考え直す時期に来ているのでは?と思います。 何より日教組がやってきた、平等信仰がとてもダメだと思うんです。 前にも書いた、平等と公平(Equality and Equity)の違いがわかっていないと思います。

jinkosky.hatenablog.jp

先に書いたように世の中に確実に各差はあるわけで、それをないなんて言っちゃダメですよね。それは見てみないフリをしてるだけで、ある子はスイッチ買ってもらえて、ある子は買ってもらえなかったりするわけだから。 いくら運動会で順番つけなくても意味ないよね? こうなると子供の頃からダブルスタンダードを身につけていくわけです。先生に前では、そういう事いっちゃダメだから。当然本当の意見はアンダーグランドに行き、イジメに繋がるわけです。つまり自分よりも何かの条件でカーストが下の人間をみつけて蔑むわけです。

年寄りのお門違いな認識

こういう事を言っていると、一部のお年寄りは貧乏でも努力すれば問題ない。俺たちも貧乏から這い上がった。なんてお門違いな事を言う人がいる。

昔のように日本全体が貧乏でスタートが同じなのではない、類い希なIQでもあれば別だが今の塾やピアノの講師もだてに高い金は取っていない。大人が真剣にどうやったら伸びるかを、能率的なコツを何年も実績を蓄積しているのだ。スポーツにしてもクラブチームに入るのはお金がかかる。もちろんコーチもJリーガーだし、くだらない上下関係で1年間を球拾いに無駄についやしたりしない。先輩に使い走りをしてもサッカーはうまくならない。
今は環境の違いを挽回するにはかなりの努力と運が必要になる。それを把握せずに俺たちの時代は・・なんて言うジジイの意見はまったく参考にならない。残念ながら日本はまだ社会の意思決定機関の多くにその世代が居座っている。

格差があることを認めるところから始まるんでは?

差はあるとして、それを埋める、もしくは違う方法を模索すべき。 みんな平等ですよって言うんじゃなくて、差はあることはふまえて何をしていくか?をそろそろ考えないとカーストは広がるばかりだと思うけどね。

カジノ法案をめぐる、茶番の駆け引き

 

f:id:jinkosky2009:20180728130639j:plain

 

やっと通ったカジノ法案。与野党での論戦(それほどのものか?)が繰り広げられましたが、民衆の反応は冷めたものだった気がする。

野党が再三訴えたギャンブル依存称のリスクや、それによる多重債務者の増加などのリスクはあまり民意を得なかったようですね。

新聞もなぜかそこはまったく論評にいれないが、それはやはりパチンコや公営ギャンブルをスルーしてそこを訴えるのは無理があるだろうということではないでしょうか?

パチンコ業界からの献金や、関連会社への警察OB、天下りの受入などでちょっとやそっとじゃなくせない構造になっているようです。

世界的に見ても、町中で子供の目に入るところで博打をするのは日本とイギリス、アジアの一部だけです。

カジノは大人の社交場で、リゾートやIRなどのわざわざ出向くところにしかないのが通常です。

 

本国で禁止されているパチンコ

私は嫌韓ではべつにありませんが、このパチンコ業界に韓国・朝鮮系のルーツを持つ人が多いのは事実です。

ところが韓国本国では国の発展を妨げるということで、パチンコは禁止されています。歩いていける駅前にあって、服装もジャージでもいいところのほうが依存性のリスクはあるんではないでしょうか?

そこを言わずにカジノを批判する茶番に民意は反応しなかっただけですよね。

昔バイトしていた料理人などは、ギャンブル依存の人がちらほらいて給料日に次の日の競馬で全部すって金借りてる人いましたからね。

カジノのあるなしは、別に関係ないのでどちらかというとカジノをオーケーにしてパチンコ屋を町から撲滅して欲しいです。

 

政治家や警察OBとずぶずぶのパチンコ業界

もちろん今回わざと回避していたのは理由があります。パチンコチェーンストア協会という大手のパチンコ屋がほとんど入っている業界の任意団体にアドバイザーとして与野党含め数十人の政治家が名前を連ねています。

沈黙はロビー活動のたまものと言うことですね。

またパチンコの台をチックする財団法人保安電子通信協会という団体も存在し、これは業界とは別の第三者によってチェックを持たせると言えば聞こえはいいが、警視庁の警視総監が天下りし幹部に数人のOBが入る天下りを作るための組織になっていますね。

賭博を取り締まるための警察も政治家も、がっちり組み込まれているわけです。

直接TVみたいに札束を懐にしのばせなくても色々な方法はあるわけです。もちろん、これは合法ですし、協会もだれでもいいがたまたま歴代警視庁OBがなったわけです。

 

カジノでIRなどに国際会議を誘致し、世界のVIPを呼びたいと思った際にまだまだ日本は準備不足のようです。

 

 

法案だけでは、まだ準備不足

プライベートジェットを受け入れるところが少ない

f:id:jinkosky2009:20180728132558j:plain

日本では、国際空港の数がすくなく滑走路も少なく夜間発着ができるところも少ないので、世界の超VIPは当然のごとく使うプライベートジェットの受け入れる数に限りがあります。

神戸空港が当初のプランで、一部にそういうところを設けようというプランもあったようですが、関西空港伊丹空港とのごちゃごちゃで立ち消えになったようです。

大阪にIRができるなら、今一度考えてもいいかもしれません。

超VIP向けサービスがない

TVに出てくるセレブなどと言っても所詮は国内だけの話、世界のVIP向けのホテルや移動のヘリ、民間の警護会社、貸し切りできるようなショッピングスペースなど、ちょぅっとヴィトンで顔だとかのレベルではないんです。

毎年中東の石油王の夏休みは、その行き先で町の税収が跳ね上がるくらいの規模です。なにせ全体でベンツ100台以上のチャーターです。

ショッピングなどは、来られる日は貸し切りです。なにせ、この店の半年分の売上げが1日であがるんですから。

特別扱いがない

日本はプライベートバンクがあまり発達していません。例えば超VIP達は各国にそういう付き合いがあり「明日カジノで遊ぼうと思うんだけど、1億くらいキャッシュ持って来てー」なんていうのに即座で対応する人たちがいます。

そういった、数人の顧客で年に何回かの依頼をこなすだけで、1つの会社が成り立つようなビジネスモデルがないため、そういうサービスもありません。

それがなければカジノの打ち上げにもかかわるんですけどね。

 

社会が大人になれるかの問題

日本は資本主義なので、カジノが面白くなければ衰退するし、事実今の若者は賭け事をしなくなりパチンコは都会では客が減りつつあります。

やるかどうかは大人が自分で判断する問題で、政府が決めるようなものではないように思います。おそらく、すべての賭博を禁止すればエロと同じでアンダーグランド化して暴力団などの資金となるでしょう。それであれば、法の監視化の中でやるほうがいいと思います。

ただギャンブル依存は、国がどうこうできる問題はないように思います。

おそらくカジノがなくても、なにがしかの博打をするし、そもそも済州島マカオまで数時間でビザなしでいけるのに日本だけで禁止しても意味がないのでは?と思います。

 

 

 

平等(Equality)と公平(Equity)

最近はすぐネットで炎上するネタとして差別だ、それは平等ではないというくそリプで炎上することがしばしばですね。
その意見の多くや日本の福祉やボランティアで語られる平等と公平(Equality and Equity)の概念の違いをインフォグラフィックでいろいろと作られていますので、見てみましょう。
機会の均等や条件などを同じにすることが、はたして平等なのか?
また公平や平等を声高に叫ぶ人の違和感が、この絵によく表れています。

説明はしません、インフォグラフィックですから百聞は一見にしかずです。

 

おそらく最初に作られた、Robert Wood Johnson Foundation が作成したインフォグラフィック「平等(Equality)と公平(Equity)」

f:id:jinkosky2009:20180720141701j:plain

 

 

 

 

Angus Maguireのextend

f:id:jinkosky2009:20180720141827p:plain

 

その他のグラフィック

f:id:jinkosky2009:20180720141814j:plain

f:id:jinkosky2009:20180720142840j:plain

 

夏だ!ビールだ!クラフトビールお取り寄せだ!

f:id:jinkosky2009:20180713175310j:plain

夏はやっぱビールうまいっすね。糖質制限してても、たまにはちょいと美味しいおつまみと一緒に少し値段のはるビールでも買って家で飲むとストレスも取れて疲れも取れていいですよ。健康のための糖質制限もいいけど、ストレス溜めたら病気の元凶なんで意味がなし。 暑いんだから楽しく美味しく家のみしましょう。

ジョッキでバカバカ飲むのはさすがに、少し節制して少し飲むならどうせならお取り寄せでも美味しいやつを週末まで我慢して飲みましょー。

 

サンクトガーレン

まずはエールビールにこだわって地ビールをづけている神奈川のサンクトガーレン。エールビールとは、日本で一般的なラガービールとは製法が違いビール酵母を高温で発酵させるため香りやうまみが立ちます。キレやスッキリ感を求めたい人にはラガーかもしれませんが、1度試してみてください。

まずはサンクトガーレンの代表的なビールを試しる、このセットから是非。

ビールのアテはラガーよりも、ワインのアテに合うようなものを探すとけっこう合います。

 

そして次に是非飲んで欲しいのが、同じサンクトガーレンのパイナップルエール。ベルギービールなどでもフルーツのエールはたくさんあります。

ただし、出来上がったビールにフレーバーを付けるので、薄める事になる場合が多いんですね。しかし、このパイナップルエール飲んでびっくりしました。

苦味やビールの風味がちゃんと残ってパイナップルの風味と合体しています。それは、発酵させる麦汁の前の時点でパイナップルを入れて一緒にビールにするからだそうです。夏に取ってもいいです。

 

 

 

 

箕面ビールは酒税法が変わりいろいろなところが地ビールを作り出した中でわりと早い段階から作りだしたメーカーです。すべてのビールが無ろ過・非熱処理ビール。

数々のコンテストで受賞している、風味豊かなビールを是非試してみてください。

まずはピルスナー、より苦味が好きな方はW-IPAなどを 

 

 

次はデンマークコペンハーゲンで設立したMikkellerのピルスナービール。ミッケラーは特定の醸造所を持たない「ファントム(幻影)マイクロブルワリー」というものだそうです。ただ、ある意味ビールオタクであり難解なレシピで世界中のビアマニアを驚愕させ続けているそうです。

 

アメリカのバラストポイント醸造所が作るペールエール、しっかりした苦味を感じながらもフルーツのフレーバーを感じるアルコール度数5.5%のどしどし飲めちゃうエール。飲み過ぎに注意です。

[rakuten:sake-taniguchi:10019921:detail]

 

湘南ビールはドイツの伝統的な製法で、丹沢山系の伏流水のみを使用。無ろ過・非加熱処理でビール酵母が生きている地ビール。なかなか他では作らないチョコレートポーター なども作っており。こちらの苦さが際立つビールは、キルフェボンみたいなフルーツタルトなどのスイーツと合わせて飲んでみても楽しいです。

 

さて、変化球も一つホップだけじゃなく沖縄の地ビールからゴーヤドライはどうよ?苦いのは苦くてもそっちかい!みたいな

 

そしてビールをのむには、ちゃんとグラスを買ってくださいね。

最後の一口まで美味しく飲むのに冷えすぎず、ぬるくならないサーモスのタンブラー最高です。サッカー見ながらのクラフトビールに欠かせないアイテムです。

とくにペールエールなどは、ドライと違いキンキンではなくきちんと冷えてるぐらいのほうが香りが立って美味しいので、サーモスのタンブラーで2杯目が美味しいです。

 

 

 

小中学生の「宿題」成績向上に効果無しのデマ記事に見る英語教育の大事さ

宿題は悪なの?日本は時代遅れなの?

f:id:jinkosky2009:20180711000346j:plain

週刊事実報道が、掲載したこの記事。内容は、米国デューク大学の脳神経学のハリス・クーパー教授が小中学生の宿題は効果がなく、高校生でも2時間以上かかる宿題は成績を下げるため避けるべきだと発表したとある。

f:id:jinkosky2009:20180711000626j:plain


また、それに追随し世界的にも宿題は減少傾向にあり、ロシアやフランスでは法律で禁止され日本は旧態依然として遅れていると言わんばかりだ。
この記事は、詰め込み教育は良くないというステレオタイプな教育批判だ。

え?英語の原文読んだら全然違うくね?

ところが、インターネットで研究報告や論文は全て掲載される昨今。英語の原文がネット上に掲載されると英語がわかる人などから「え!?全然意味違うじゃん?」と、まるで戸田奈津子の翻訳バリに間違えてるとの指摘が相次ぎます。

biz-journal.jp

けっこう戸田さんの誤訳は有名で、町山智浩さんとかボロクソに言っていますね。

 

 

 

 

 

で、元ネタであろう該当のハリス・クーパー教授に関する記事はこちら

today.duke.edu

この論文では、1987年から2003年に研究した分析を論文にまとめたもので多すぎる宿題は効果に疑問をなげていますが、基本的に宿題による成績向上は良い関係であると結論が逆になっています。ましてや、意味がないとは全然言っていない。
彼が研究しているのは、どちらかと言うと自発的なものか義務的なものかによって効果が違うかどうかを研究しているようです。
宿題は時間管理や勉強の習慣を身につけるのはポジティブだとも言っています。
また、どうすれば効果的かという主旨で意味がないとは全然言っていません。

悪意のもった意訳?誤訳。

この記事に関して、元記事やハリス・クーパー教授の記事を理解する英語力がなかったというよりも、詰め込み教育批判などの自分のイデオロギーの主張のために海外の記事の都合のいい部分だけを引用して切り貼りつなぎ合わせ、自分の記事の信憑性を保管しようとした。
という、とても品のない報道姿勢が見受けられます。
百歩ゆずって、自分と合わない主張でも「自分はこう思う」というのはかまわないです。
ですが、人の意見を曲解し海外での既成事実のように事実をねじまげるのは、その主張が合っている間違っている以前に仮にも報道者として品のない仕事です。

 

こういう記事にだまされないためにも、英語力が必要ではないでしょうか?

この手法は、教育に限らず疑似科学や政治にもよく使われます。なるで、海外ではそれが当然ですよと言わんばかりの。

このような日本のマスコミは、変な選良意識があるため一般の人は英語なんて読まないとタカをくくっています。そろそろ、そういう時代を終わりにするために英語教育を見直すべきかもしれません。

この記事が世界はこうだよ、日本は遅れてるんじゃないの?という内容を書いていますが、むしろその報道姿勢のほうがガラパゴスで日本は遅れてる事を意味してしまっています。

 

転移性乳癌(末期癌)の免疫療法による世界初の「完全な腫瘍の退縮」例の報告

f:id:jinkosky2009:20180606104151j:plain

米国の研究チームは6/4日、転移性の進行癌の乳がんの患者に対して行った「新たな免疫療法アプローチ」で完全な腫瘍の退縮になったとし、腫瘍がない状態を22ヶ月継続していると発表した。

Immune recognition of somatic mutations leading to complete durable regression in metastatic breast cancer | Nature Medicine

 

世界中のがん研究者から期待の声が上がっている。

49才だった患者は化学治療で結果が好転せず、リスクを覚悟で臨床試験に参加。

女性の腫瘍から取り出したリンパ球を調べ、がん細胞に反応するリンパ球の種類を特定。

免疫チェックポイント阻害剤と研究室で再活性化された抗腫瘍リンパ球を体内に戻し「完全な腫瘍の退縮」の結果を出した。

免疫チェックポイント阻害剤とは、有名なオプシーボ(ニボルマブ)などがそうだ。

がん細胞と戦うために免疫力をあげることは効果的だが、免疫力を意図的に上げすぎると健康な細胞も攻撃してしまうために、人間の身体は自然にブレーキをかけるようにできています。バランスをとるわけですね。

このリミッターははずすのは免疫チェックポイント阻害剤です。ヤーボイ、キーロルーダなど相次いで承認され、これらの薬は毒をもって毒を制すに近かったレガシーな抗がん剤とアプローチが違います。

 

 

 

個人に合わせた抗がん治療

世界的にもここまで進行してしまった乳がんで、しかも化学治療でめだった結果が得られなかった症例で「完全な腫瘍の退縮」になったことは前代未聞だそうです。

治療中の人には期待せざるおえない話ですね。

この人の特性や個人の免疫の特性もありますが、この結果が是非多くの人に適用できる手法へと繋がって欲しいですね。

 

少し前にとりあげた、早期に発見するための2つの技術

jinkosky.hatenablog.jp

jinkosky.hatenablog.jp

 

これらによって、早期に発見し、仮に発見されても個人の合わせた治療で癌を完全な退縮できる日が来るといいですね。