世界一素敵な遊園地がテキサスにある。

f:id:jinkosky2009:20191006222753j:plain


テキサス州に住むゴードン・ハートマンさんの一家にとてもかわいい女の子がうまれました。モーガンと名付けた可愛い女の子は12歳になっても認知理解力が5歳程度で、自閉症の症状も認められました。彼女は愛されてとてもやさしい子に育ちました。
日本語では障害者といいますが、アメリカでは日本で障害を持つと言われてる人をShe has Special Needsと言うそうです。
このSpecial Needsっていう呼び方がすごくいいと思うので、これを日本後に置き換えるかそのまま使いたい。この文章でも以下Special Needsと言います。

モーガンちゃんが遊べる場所が無い・・

いろいろな場所に遊びに連れて行こうとしたハートマン夫妻ですが、モーガンさんも居心地が良く、まわりの人も変な気遣いをしなくていい場所を探すのは残念ながらとても困難な事でした。
ある日モーガンさんに対して同世代のこどもがどう接していいかわからず、敬遠する様子を見てとてもショックを受けたそうです。
モーガンさんは、とてもやさしく微笑みの絶えない女の子なのに、です。

ないなら俺が遊園地作ってやるっ!おっとこ前っ!

不動産開発業で財をなしたハートマンさんは、モーガンさんのために自分で遊園地を造ることを決意します。ヤベェカッケェ!
2005年に自分の所有していた複数の会社を売却し、ゴードン・ハートマン家族財団を設立。テキサス州サンアントニオの25エーカー(約3万坪)、日本の国会議事堂と同じくらいの土地を購入しました。
遊園地の専門家だけでなく、医師やセラピスト、保護者、Special Needsを持つ当時者たちにも話を聞き計画を進めていきます。約37億円をかけて、モーガンズ・ワンダーランドという素晴らしい遊園地が2010年に完成します。

Morgan's Wonderland - The World's First Ultra-Accessible™ Theme Park

f:id:jinkosky2009:20191006222913j:plain
遊園地の中にはSpecial Needsの有無にかかわらず遊べる事に配慮した「アクセシブルデザイン」を基に設計された観覧車や「冒険遊び場」、ミニ電車が用意されました。
回転木馬やブランコにも車いすがセットできるように、工夫されています。

f:id:jinkosky2009:20191006223245j:plain

f:id:jinkosky2009:20191006223257j:plain

f:id:jinkosky2009:20191006223412j:plain

f:id:jinkosky2009:20191006223438j:plain







開園以来、モーガンズ・ワンダーランドには全米や世界中から100万人以上が訪れました。Special Needsを持つ人は入場が無料で、スタッフにも3割近くSpecial Needsを持つ人を雇用しているそうです。

 

 

 

ウォーターパークも完成

さらに2017年には18億円あまりをかけた念願のウォーターパーク「モーガンズ・インスピレーション・アイランド」も完成。
防水の自動車いすや、来園者の位置情報が確認できる特殊な無線機能がついたリストバンドなども完備。クルーズタイプのアトラクションにも、車いすのまま乗り込めたり。今までの遊園地にはない様々な工夫がされています。

f:id:jinkosky2009:20191006223708j:plain

f:id:jinkosky2009:20191006223732j:plain

寄付と献金で運営と拡大は続いている。

運営しつづれば、毎年100万ドルの赤字になるのは必至で、今は個人の資金では限界があり献金やスポンサーをつのっている。
ロゴにも入っているようにTOYOTAはスポンサーになっています。日本企業としてとても誇らしいですね。


気持ちがあれば個人でも25ドル(2700円程度)からネットから寄付できるので、是非寄付してみてください。

https://71918.blackbaudhosting.com/71918/Morgans-Wonderland-Digital-Gifts


他の国から来た子供達に、自分の国にもこのような遊園地が欲しいという手紙をハートマンさんはよくもらうそうです。そしてそのような問い合わせがあった時は惜しまず相談に乗るそうですが、なかなか実現には至らないようです。

 

日本にも、できるといいですね。

食べログやくざ問題に見る、インフルエンサーの総会屋化

f:id:jinkosky2009:20191003103326j:plain

 

 話題になった、食べログ掲載お断りの店。

 

f:id:jinkosky2009:20191003103448j:plain

 店主の主張はこうだ、食べかけの写真やメニューを取り違えた間違った写真が掲載され困惑していたところ、食べログに削除依頼をしてめでたく削除された。

だが、今度は削除されたユーザーがそれに立腹し評価を極端に下げたり。あることないこと評価に書き込んだためだそうだ。

 

口コミ恐喝・・・

最近では、自分が納得いかないサービス(無理筋)の事を言い、拒否したら「評価を悪くしますよ」という半ば脅迫めいた事を言う客もいるようだ。

まるで、企業に巣くう総会屋のようだ。

総会屋は端株を所有し、わざと株主層かで騒動を起こし。裏でもし騒動をおこされたくなかったらと言って金を背せびる手法だ。

もちろん株主が端株とはいえ、意見を言うことは合法だ。しかもそういう会社がコンサルティング業として、脅迫された報酬もコンサルティング費用としてば表向き何のイリーガルな手続きが無い事になる。

つまり評価もある程度の組織で行えば、そういう事が可能だ。

 

さくらも問題なったよね?

少し前に問題なり、今での問題なっている評価のさくら問題。個人でも企業でも評価をさくらで書き込む事で店舗の評価をあげて報酬を受け取ろうと目論む輩がいる。

ひどいところでは、オープンから2日しか立っていないキャパが20人の店舗なのに口コミが1000件で上位に来たりするものもあった。さすがに最近はそこまで露骨な事もしないようだが。

クラウドフリーランスに仕事をマッチングするサービスを見てると、そういう依頼が散見するのは否めない。

 

 

 

これを防ぐには相互評価システムが必要。

では食べログの口コミはあてにならないのか?それはあてになるものもあるし、ならないものもある。

少なくとも口コミでもなく、特定の地域の新店舗情報や禁煙の店舗を調べられるのにはすごく重宝している。

f:id:jinkosky2009:20191005010158j:plain

口コミの評価の信用度あげるには、日本では浸透していないタクシーのUberなどが使う相互評価システムしかないだろう。客も評価すれば、運転手側も評価する。

評価のランクは、ユーザーの信用度X口コミ評価です。

これは、現金商売の日本の飲食では不可能だったが、これから電子マネー決済が進んでくれば可能ではないか?

Airbnbとかも同じシステムを取っている。泊めたほうも泊まった人を評価するし、逆もある。スーパーホストと言われるとこに泊まると、ほぼはずれがない。

アマゾンや楽天の口コミでも

アマゾンや楽天でも悪い評価が気になった時に、そのユーザーの評価の一覧を見るといい。何でにも文句ばっかり言ってる奴がいる。そういう奴の評価ははなから無視していいものだ。そいつは、商品に文句があるんじゃなくて自分の日常に文句があるだけだ。

 

中国の個人評価システムは、これからの必須なのか?

中国の個人評価はアリペイなどの電子マネー決済と、顔認証などと組み合わされて無人のコンビニやスーパーに評価が低い人は入れないところまで割り切っている。

お店の特定のメニューは、その決済ランクが高くない人は頼めないなどと、社会の平等を目指した社会主義から逆の方向に走っている。

人権を無視できる国だからできる所行だが、多かれ少なかれそういうセグメントは社会の中で進んでいくように思う。

評価ランクの低い人間や、決済能力に低い人間の発する情報をフィルタリングする方向に向かうだろう。モラルがどうこう言っても、それが資本主義の効率を考えた場合効率がいいのだからしょうが無い、人は利に動かされるのだ。

いくらリベラリストが叫んでも、社会主義の象徴だったロシアも中国もそういうになってきたら空疎な叫びでしかなくなる。

いよいよ実用化、「線虫」で尿1滴でがん検査

f:id:jinkosky2009:20191002223652j:plain

以前に書いた、リキッドバイオプシの一つである癌に反応する「線虫」を利用した早期癌発見の検査方法が実用化されつつあります。

jinkosky.hatenablog.jp

今までの検査が代替するわけではない、MRIやPET、内視鏡検査などをしなくていいわけではない。

この検査の最大の特徴はコストが安く、実質1万円程度で受診でき、しかも大仰な事前準備や前日からの絶食などが必要でなく尿1的で検査できるというものです。

 

 

この検査は癌の疑いを早期に発見するもので、MRIやPET、内視鏡検査を実施すべきかどうかの指針に使われるものです。

 

ポイントはコストと簡易さ

この手法の確立がされれば、ともすればノーベル賞ものかもしれません。

なぜかと言うと、この癌に反応する線虫を増やすのが、特別に化学工場や高価な機械を使わずともできるということ。

近代的な設備がないように国でも培養と生産の可能性がある事。

 

 

 

癌を治すのか?ステージ早期で発見するのか?

癌の治癒率はゲノム解析から始まる革命で、免疫チェックポイント阻害薬、分子標的薬などの登場で上がりつつあります。

ただ、それもステージ進行との関係性は否めず、ステージ4,5となると難しくなるのが実際です。

ここで、研究のベクトルとしてはすでに罹患した癌をどうやって治すかの?方向性と、癌をどうやって早期発見するか?と2方向に分かれます。

もちろん両方が進化するの越した事はないですが、早期発見が低コストにできれば国の保険費用の抑制にもつばがり、バンバンザイです。

この線虫による検査システムは、その可能性は持ったテクノロジーであると言えます。

 

珍しいメイドインジャパンなテクノロジー

先日記事に書いた光免疫治療も、日本人の教授ですが研究を行っていたのはアメリカ。

jinkosky.hatenablog.jp

すぐれた研究者がいても、潤沢な研究資金があつまらず国内では進まない研究も海外では医療に関するベンチャーキャピタリスト、エンジェルが揃っていて資金を集めて進める事ができる事情があります。

ただ、そこへは勿論開発が成功した時のストックオプションが制定されていて、出来上がった革命的な薬品は高価になります。

この技術は、九州大学の研究として発見され事業家を目指す様々な会社から融資を得て事業家への道を進んでいます。

 

こういった世界の誇れるすぐれた技術に資本が集まり。いろいろな事が前へ進んで、たくさんの人が救われる事を望みます。 

「なつぞら」でフューチャーされたモデルの人たちの買える作品や見れるところ

f:id:jinkosky2009:20191001230722j:plain

先日放送が終了したNHK連続テレビ小説なつぞら」。この話は今までの朝ドラと同様にモデルとなる人物を元にオリジナルの脚本を描いている。史実にあっているところもあるが、オリジナルにしているところもある。

広瀬すずが演じた「なつ」のモデルは、日本のアニメ創世記に東映動画で活躍した奥山玲子をオマージュしている。長編第1作目となる『白蛇伝』に動画として参加など、同じ部分もあるが当人は孤児ではなく良家の子女で東北大学まで通っている。

f:id:jinkosky2009:20191001232117j:plain

彼女や日本のアニメ創世記の人たちのインタビューをまとめたのがこちらの書籍

 

日本のアニメーションを築いた人々 新版

日本のアニメーションを築いた人々 新版

 

 また「なつぞら」の注目で廃刊だった奥山玲子の絵本「おかしえんのごろんたん」も再刊された。

新装版 おかしえんのごろんたん

新装版 おかしえんのごろんたん

 

 全てはなく「おばあさんとあひるたち」のように中古市場でレアになっている絵本もある。そのうち再刊されるかもしれませんね。

https://amzn.to/2ocmUKj

 

また一休さんのモデルとなった、小田部羊一とのストーリー。まさに『なつぞら』の元となったストーリーが実際の話で刊行されている。

漫画映画漂流記 おしどりアニメーター奥山玲子と小田部羊一

漫画映画漂流記 おしどりアニメーター奥山玲子と小田部羊一

 

 

晩年にもっとも力を注いだ奥山玲子銅版画集も刊行された

奥山玲子銅版画集

奥山玲子銅版画集

 

 

朝ドラを見る多くの女性をノックアウトした吉沢亮が演じた「天陽くん」のモデルとされる。神田日勝の本も売れているそうです。

神田日勝デッサン集

神田日勝デッサン集

 

 

 

 

 

北海道にある神田日勝記念館も入場者が増えているそうです。

kandanissho.com

北海道に行けば、ストーリーでも出てくる馬の絵の本物の作品が見れますね。

 

 

最後に中で出てくるアニメの資料集も出ています。

「なつぞら」のアニメーション資料集[オープニングタイトル編](小冊子)
 

 この朝ドラを見た後の、なんか広瀬すずに対するおばちゃん、おじちゃんが甥っ子や姪っ子を見る感覚不思議です。

白砂糖が体を冷やす!骨を溶かすと言い、黒糖やハチミツを売りつけるナチュハラの皆様

f:id:jinkosky2009:20190930230410j:plain

ナチュラリストの皆様にとって白砂糖は、毒に等しいもののようです。
なので、自然派指向の店に行くと黒糖やハチミツで作ったクッキー、色が濁った精製の甘い黒糖などが売られています。白砂糖食べるなんて、とんでもないと目を剝いて怒られてしまいます。
では、その考えの元になっている話についてつらつら眺めてみます。

白砂糖は体を冷やして冷え性になる、女性は御法度

この話の元となるもっともらしい理屈で多いのは、白砂糖を接種した場合血糖値が上昇する。そうするとインスリンが分泌され、血糖値が下る。血糖値と共に体温が下がり冷え性に繋がる

というものです。
これには、いくつも間違いがあります。まず、最近の炭水化物カットのダイエットしている人はどっかで聞いた理屈かもしれません。これは炭水化物の糖質でも同じで、これがダメなら米もパンも、クッキーもだめです。
自然派指向の店で売ってる黒糖クッキーなんて、まったく意味がない事になります。
また、血糖値が下がり体温も下がるというのは量の概念が間違っています。
健康な人なら人の体は均衡を保つため体温は下がっても元に戻ります。低血糖によって冷感、悪寒が出たらそれはもう糖尿病なので、いますぐ入院すべきです。

黒砂糖は精製された白砂糖より体によい

これも量の概念が抜けています。たしかに黒糖にはミネラルがはいっていますが、砂糖に入っているミネラル成分は非常に微量なのでほとんど吸収されません。ましてや、大さじ一杯とか調味料として溶かしたりしたらほとんど残っていません。
そして主成分のショ糖は同じですから、体に良い悪いはショ糖の取る量の問題で黒か白の問題はないですね。
黒砂糖でも白砂糖と同じくらい甘く感じるまで量を使えば同じです。
ミネラルで、接種した糖が帳消しになるわけではありません。沖縄のおばあが長生きしてるのは健康的な生活してるだけです。

 

 

 

白砂糖は骨を溶かしてボロボロにする

これも、雰囲気科学でいくつかの説が出ています。

白砂糖は、酸性食品で体内で摂取するとアルカリ性に戻そうとして体内のミネラルが使われ、体内の骨や歯を溶かして供給される。

これも、副甲状腺ホルモンが分泌され血液中のカルシウムを補うために、骨粗しょう症がおきる理由はいろいろな理由があり、単純なカルシウム不足、ビタミンD不足、日光浴不足、加齢、運動不足などです。
食塩や糖分を摂りすぎるも一つの理由ですが、これはもちろん黒白の話と同じで、白砂糖だけの話ではなく他の砂糖でも同じです。接種したショ糖の量の問題です。

jinkosky.hatenablog.jp

 

白砂糖は薬品で漂白している

これもよくある噂で、砂糖も塩も不純物を凝集・沈殿させ濾過したり、活性炭などに吸着させ取り除いたりするもので漂白など化学的な処理は行っていません。天然塩も白いでしょ?
みんな、小学校の理科で結晶とか顕微鏡でみなかった?純粋な砂糖の結晶は無色透明です。透過度と反射の問題で白く見えます。氷が白く見えるのと同じです。

甜菜糖は?

甜菜糖は体に良いのは、ここでも書きましたがオリゴ糖もしょ糖の分類ですが、腸への効果で砂糖より良いとされています。
三温糖に関しては加熱の色で、成分ほとんど白糖と同じ。

jinkosky.hatenablog.jp

健康志向の意識が高まると、その商売にオリジナリティある理屈が必要になります。

現代の科学・医学がすべて正しいとは言いませんが、バランスの取れた情報取得ができるようにしないと、いろいろな嘘にだまされますね。

いろいろ調べると、結局いろいろなものも食べ過ぎ、摂り過ぎ、不規則が問題のようです。

『抗がん剤は癌を何倍にも増やす増ガン剤でしかない』という、またアホなまとめがあるので反論まとめ

f:id:jinkosky2009:20190928212232j:plain

またまた、自分が癌でもないくせに、こういうデマをバカみたいに拡散する恥さらしがいるので紹介しておく。

togetter.com

 

1985年:米国の国立ガン研究所(NCI)所長が「抗がん剤は全く効果がなく、無力である」と上院議会で証言

1980年から1988年まで所長をつとめたヴィンセント・デヴィータは、「複数の抗がん剤を組み合わせる」治療法の基礎を築いた方なので、こういう事を言うのはありえない。
ヴィンセント・デヴィータは、抗がん剤の4剤併用化学療法で当時ほぼ0%であった進行期ホジキンリンパ腫の治癒率を70%にまで上昇させた。その後も乳がんの術後化学療法で再発率を下げる手法を確立したり化学療法に尽力した医師です。

上院議会の発言は全て議事録に残りますが、そういうデータもありませんし、きちんとソースを指摘した発言もありません。この嘘はなかなかひどいです。

しかもけっこう拡散されていて、だいたい見ると自分のとこのワクチン売ってたり、サプリを売ってたり、鍼治療で癌が治るとか言ってる恥知らずばかりです。

そういうなら、NCIを見習って自分達を治験データを公表すればいい。

しかも抗がん剤ってどれよ?すごくいろいろあるし、血液系の癌と大腸癌と脳腫瘍とかで全然違うんですけど?

しかもしれっと言ってるけど1980年ってモスクワオリンピックの年で昭和55年っすよ?その時の情報で今の医療を判断するの?

じゃあ、その時に新発売されたゲームウォッチで、今のスイッチとプレステの評価をしてみてよ?

f:id:jinkosky2009:20190928213007j:plain

 

1988年:NCI自体が「抗がん剤はガンを何倍にも増やす増ガン剤でしかない」と公式に断定

これも、まったくソースがない。NCIのレポートでそんな単純な結論になるはずもないし。それ移行も抗がん剤の治療を薦めています。公式に断定したら、なぜNCIはまだ抗がん剤治療の研究を続けているの?得意の製薬会社の陰謀かい?そんな開発に手間のかかる薬売るより、対象が広くて作るの簡単な風邪薬売ってるほうが儲かります。

 

1993年に代替医療費が西洋医療費を上回って以降、アメリカ人のガン死亡率は毎年減少している(逆に日本人のガン死亡率はここ30年激増している)

日本人のガン死亡率が上がっているのは、高齢化のためです。むしろ保健状況の良い証明です。 また、93年はすでに28年前で、この頃の癌治療においては効果は期待できないものも多く代替医療に走った人がいたのは事実ですが、ガン死亡率が毎年減少とは関係ありません。

むしろNCIからは、抗がん剤の真価と喫煙率の減少の効果を予測するレポートが出されています。また、被保険者や移民が多く統計に出ない事もあります。被保険では、抗がん剤は“使わない”のではなく、“使えない”のが現実です。

今の日本のネットが恐ろしいのは、この情報はいろんなところに拡散されているのですが、誰も英語の元ソースや、公式なレポートを読まずに人の勝手な解釈を拡散している事ですね。もう口裂け女の話のようですが、実際の医療への無為な逆風になることもあるので、バカの中でも達が悪いです。

1988年国立ガン研究所(NCI)が「抗がん剤は癌を何倍にも増やす増ガン剤でしかない」という公式発表をした後、1992年アメリカでは国立衛生研究所(NIH)に「代替医療部」が発足した。そして1993年に代替医療費が西洋医療費を上回って以降、米国のガン死亡率は、毎年減少している。

 

 

 

ちゃんと、その後の話が出ているのに言わないのは、なぜでしょう?

1992年にアメリ国立衛生研究所(NIH)にアメリカ国立補完代替医療センター(NCCAM)が設置されたのは事実です。

ただNCCAMが実施した数々の臨床試験では,病気の予防や治療に対して代替医療アプローチが有効であるという科学的エビデンスの確立には至らず、国民やメディアから税金の無駄遣いとして厳しい批判を受けました。

これによって、NCCAMの現在の研究の主な部門は「代替医療」から通常医療を補う「補完医療」にシフトしている。

そして、2014年「代替」を意味する「Alternative」が名前から取り除かれた。現在はNational Center for Complementary and Integrative Health(NCCIH)。国立補完統合衛生センターもしくは国立補完統合健康センターと訳される。したがって、NCCAMはもう存在しない。ちゃんと資料で出てくるのに出さないのは、意図したミスリーディングですね。

 

抗がん剤は強い発ガン物質であり、投与すると別の臓器や器官に新たなガンを発生させることが判明、アメリカ政府は「ガン戦争」敗北宣言。しかし日本の製薬メーカー、医学界、厚労省、政治家、マスコミは箝口令を敷いてこの事実を完全に隠蔽した

ノイローゼ?精神科に行きましょう。

そんなにマスコミに袖の下配ってたら会社成り立ちません。

1985年米国の国立ガン研究所(NCI)所長が、議会で「抗がん剤は全く効果がなく、無力である」と証言し、1988年にはNCI自体が公式に「抗がん剤はガンを何倍にも増やす増ガン剤でしかない」と断定しているのに、日本の厚生労働省は、この事実を日本人には公表していない。

ま、言ってないからね。そりゃ伝えんわな。

 

とにかくゲノム解析がはじまり、IPS細胞が可能なこの時代に、なぜ30年以上前の時代の話で今の医療を否定するのか、まったくわかりません。

時代は進んでいます。テクノロジーを、ちゃんと調べてからでもサプリを飲むのは遅くありません。

jinkosky.hatenablog.jp

スマホはドラエモンの中にしかなかった時代で、自分の治療を見誤らないようにしてください。またこういう事も含めて子供にメディアリテラシーを教えるべきですね。

以前にも書いた、これも参考に

jinkosky.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

光免疫治療の治験結果が公表されだしました

f:id:jinkosky2009:20190928002625j:plain

以前にもとりあげた、癌治療のネクストフェーズである近赤外光を使用してがん細胞を死滅させる光免疫療法。

jinkosky.hatenablog.jp

治験が進んできた結果が、発表されてきています。

この治療法は米国国立がん研究所(NCI)の小林久隆主任研究員が中心となって開発。
楽天メディカルが事業投資し、実用化を目指し臨床試験が始まりました。

発表されたデータでは、約30人のフェーズ2aの頭頸部(けいぶ)がんの患者に治験を行い、4人はがんが消え、9人は縮小したとの事。ただ、治療による重篤な有害事象も3人に確認されている。

これまで抗がん剤などの効果で、縮小や食い止めるなどの結果から少ないとはいえ完全に消えた報告は癌患者へ希望をもたらします。

臨床試験はフェーズⅢで次の段階へ

今、ヨーロッパ、アメリカ、日本などで同時に治験がはじまっています。

日本でも新薬や新たな治療法を短期間で審査するための「先駆け審査指定制度」の対象に指定され、まずは先の結果をあげた頭頸部(けいぶ)がんの治療法での承認を目指す。

 

 

 

これから、重篤な有害事象の原因や把握。他の免疫療法との相乗効果、近赤外線の幹部への治療の精度の向上などが進んでいきます。

すでのマウス実験でチェックポイント阻害剤との組み合わせで効果が向上する報告もあがっているそうです。

現在医療の否定的な人は、重篤な副作用の危険性を訴えるでしょう。でも患者にとってみれば、寛解の望みがある「がんが消えた」という報告の魅力は何者にも変えがたいでしょう。

そして治療コストが重要

光免疫治療がこれだファーカスされるには、やはりそのコストが大きいでしょう。

患者に投与する近赤外光を吸収して化学反応する特殊な色素を組み合わせた治療薬(抗体薬物複合体)も安価に製造することが可能で、近赤外線の照射も今までの機械と同じもので大丈夫です。

内視鏡へ仕込んだ光ファイバーでも照射でき、かなりターゲットを絞った照射が可能です。腎臓や内容の奥や、繊細な臓器を裏側などの手術しにくい場所でも治療できる可能性を残している。

多くの患者に届けるために、このコストの問題は大きいです。

最新の放射線治療のように数億円もする高価な機械でないとできなかったり、治療薬が保険適用してもさらに高価では多くの人が使うには難しいでしょう。

いろいろな治療がゲノム解析から、新しい扉を開くのをこの目で見たいものです。